第1回異分野融合テキストマイニング研究会 の変更点


平成27年7月9日(木)、第1回異分野融合テキストマイニング研究会を開催しました。

 第1回 異分野融合テキストマイニング研究会の開催について
 
 来る7月9日(木)、第1回異分野融合マイニング研究会を開催いたします。本研
 究会は異分野融合型のテキストマイニング研究を目指し、部局・専門の枠を超え
 てその知見やノウハウの共有を図ることを目的にしております。
 
 テキストマイニング(text mining)とは、文字列を対象としたデータマイニン
 グ(Data mining)です。データマイニングは、統計学や人工知能などのデータ
 解析の技法を用いて、大量のデータから未知の「隠れた」情報や特長や傾向を見
 つけ出す技術です。テキストデータは一般に形式が定まっておらず、また特に日
 本語は単語の境界判定が容易ではないことから、テキストマイニングはデータ項
 目の明確なデータマイニングより難しい側面があります。しかし近年では分析技
 術も進歩し、また高性能な計算機が利用できることもあり、有意義な分析が行え
 るようになってきました。
 
 大量のテキストデータから重要語やキーワードを抽出することで、文書の傾向や
 重要事項を抽出する。大量のテキストデータを分類し、分類ごとの要点や特徴を
 見出す。テキスト中に隠れている問題点や新しい視点などを発見する。これらを、
 自然言語処理の手法とデータ解析の手法の組み合わせで、実現するのがテキスト
 マイニング技術です。
 
 異分野融合マイニング研究会では、分析することで有意義な情報が得られる可能
 性の高いデータ(文書群)をお持ちの研究者と分析技術は持つものの分野限定の
 データの解読技術を持たない研究者を結びつけることで、九州大学におけるテキ
 ストマイニングの研究推進を目指します。たとえば、議会議事録や法律文書、企
 業報告書、新聞記事などの文書データを自然言語処理を用いて工学系の研究者が
 解析し、さらにそれを人文・社会科学系の研究者が個々の分野の知見を活かして
 分析することで、これまでには無い新しい視点で異分野間融合型のテキストマイ
 ニング研究を推進していきたいと考えております。
 
 ご関心の皆さま方のご参加を心よりお持ち申し上げます。
 
 日 時:平成27年7月9日(木)16:00~17:30
 場 所:九州大学情報基盤研究開発センター 3階 多目的講習室(箱崎理系地区)
 テーマ:テキストマイニング研究についての事例紹介
 講 師:中藤哲也(情報基盤研究開発センター・助教)
 
 申込方法:参加申込の際は、件名に「異分野融合マイニング研究会」とお書きの
 うえ、産学官連携本部・八木(yagi@imaq.kyushu-u.ac.jp)まで、お名前、ご所
 属(職名)、連絡先(メールアドレス等)を7月6日(月)までにお知らせくだ
 さい。本学の教員(非常勤講師、学術協力研究員等含む)または大学院生以上の
 学生であればどなたでもご参加いただけます。また他大学の方でも参加を希望さ
 れる場合にはお気軽にご相談ください。

テキストマイニング研究についての事例紹介スライド:&ref(異分野融合テキストマイニング研究会20150709概略と事例紹介.pdf);